辞退を申し出た場合の申請の流れ

af9920062359l

 

裁判所からは調査票が届いた上で、裁判所に赴かなければならない期日などが記載された書簡と質問票という用紙が同封されております。
この制度は、国民に広く参加してもらうことによって成り立つ制度となりますので、法律および政令で定められている辞退理由に該当していると認められない場合はこの制度について辞退をすることは出来ません。
しかしながら法律で定められた範疇としての理由が存在する場合には、辞退を希望した上で、これを受理されることも少なからず該当しております。
上記書簡に同封されている質問票には、裁判所へ赴くことに不都合がある状態の人についての合致する条件リストが明記されており、該当者が辞退を希望するかどうかの確認を行なう為の書簡となっております。
なお、上記呼出状が送付されてくるのは基本的に裁判所に赴く日の約1ヶ月半ほど前がおおよその期間となっております。
そして、書簡受領者は自分自身が担当する可能性がある裁判に参加して対応しなくてはならず、当日は必ず裁判所に行かなくてはなりません。
審理に通常よりも期間を要すると判断される案件については2ヶ月前程度で呼出状を受理する可能性もあります。
選任手続きの期日においては書簡に相応の辞退事由を明記せずに返送した場合、該当となる裁判所の担当者が現段階の事由としては認められないと判断された場合には引き続き継続して呼出状が配達されることになります。