裁判員に守秘義務を課す意義

 

 

意義としては大別して4項目あり、最高裁判所や立法担当者の見解に準じる形で取り決めされております。
【自由な意見交換を行なう場を提供する為】職務遂行後に非難されることを恐れてしまい、率直な信念をおよび意見を述べることができなくなるのを防ぐ意味合いで守秘義務を課しており、自由な意見交換を発言できるような環境づくりが必要と定義されております。
【事件関係者のプライバシーの保護】取り扱う事件の内容如何によっては、被害者および事件関係者のプライバシーに関する情報も随所に盛り込まれており、関係者にとってはプライバシー保護を基本とした権利主張により、むやみに公表されないように守秘義務が必要と判断しております。
【自身の保護】評議等を行なった際に見聞したこと、並びに自由な意見を展開することができた場合に、展開結果について第三者から意見を求められる可能性が多々あります。
上記内容を展開することによって、非難および報復の対象になってしまう危険性も存在する為、守秘義務を課したことについては事故の保身にも直結しております。
【裁判の公正や信頼の確保】判決結果における異なる見解や批判的見解を述べた場合に、実際に評議で述べた意見に対する誤解が生じたり、裁判に対する信頼が損なわれる可能性があります。
裁判の公正や信頼を確保するために、守秘義務を課す必要があるのです。

 

af9920062359l