裁判所に行くことが困難と認められる場合

 

 

選ばれた場合は基本的に参加する必要がありますが、限られた事由で辞退することができます。この事由は、参加する刑事裁判に関する法律第16条第8号に規定されている政令で定めるやむを得ない事由として掲げられています。事由として、妊婦である場合、もしくは出産日より8週間の期間を経過していない場合、介護が必要であると認められる親族、又は親族以外の同居人の介護もしくは養育を行っている場合、配偶者、直系に当たる親族もしくは、兄弟姉妹、その他の同居人が重大な病気を発症し、その症状や傷害の治療のための通院、退院に付き合う必要があると認められる者、妻や娘が出産する場合にそこに立ち合う必要がある者、またはそれに伴う入院や退院に付き添う必要がある者、自らが重大な病気や傷害の場合、住所又は、居住地が裁判所の管轄外に位置する遠隔地の場合で裁判所に出頭することが困難であると認められる場合、父母の葬式の日と重なった場合や、社会生活上重要な用務があり、その用務を延期することができない場合、選ばれた者や第三者に身体上、精神上、経済上などにより不利益が生じるとされる場合に、それを認めることができる相当の理由がある場合となっています。

 

af9920062359l