こんな場合報酬の二重取りにはならないの?

 

af9920062359l

企業の社員が選出された場合には、この仕事を行なうために必要な有給休暇を取得することが法律(労働基準法第7条)で認められております。
しかしながら、上記対応の為に取得する休暇を有給休暇とするか無給休暇とするかについては基企業の判断に委ねられている為、法律による明確な取り決めは定義されておりません。
とは言ってもこの制度の元々の基本理念としては、幅広い範囲・業種の国民に参加してもらいたいという観点からなりたっておりますので、選出された企業の社員の方がスムーズに参加できるように特休配慮などによる特別な有給休暇として対応するよう、企業への配慮の案内が出ております。
上記展開により、有給休暇を取得して裁判に参加した場合は国の日当と企業給与の両方を受け取ることになる為、報酬の二重取りになるのではないか?という危惧が生じております。
ただし、これは報酬の二重取りにはならないので問題なく、1日1万円以内もしくは候補者へは1日8000円以内が支払われることが旅費などの一時金とは別支払われることになります。
この手当ての扱いは職務遂行することによって生じる損失について一定の限度以内で弁償・補償を確約するするとなっております。